トップ > BEAUTY > スキンケア > B.Bリップセイバー
高橋 みどり > B.Bリップセイバー

B.Bリップセイバー

唇に豊かな潤いを与えるバオバブオイルなどの8種類の植物性オイル、7種類の保湿成分、ビタミンA,C,Eを配合した美容液をスティック状にした保湿効果に優れたリップクリームです。
唇の荒れを予防し色素沈着を抑制し、乾燥などでカサつきがちな唇をしっとり柔らかく整えます。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が気になる縦ジワや皮めくれを緩和し、ビタミン類が血色を整えます。
内容量:2.3g
商品コード : 132
価格 : 3,024円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

商品説明

唇に豊かな潤いを与えるバオバブオイルなどの8種類の植物性オイル、7種類の保湿成分、ビタミンA,C,Eを配合した美容液をスティック状にした保湿効果に優れたリップクリームです。
唇の荒れを予防し色素沈着を抑制し、乾燥などでカサつきがちな唇をしっとり柔らかく整えます。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が気になる縦ジワや皮めくれを緩和し、ビタミン類が血色を整えます。

 

特徴

・バオバブオイルを中心にスクワラン、ミツロウなど合計「8種類の天然植物オイ ル」配合で、乾燥などカサつきがちな唇をふっくらしっとり柔らかく整えます。
・抗炎症・抗アレルギー作用のある「5種類の植物性保湿成分」配合で、唇の皮めくれや湿疹予防を緩和・予防します。
・保水性に優れた「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などの保湿成分が、縦ジワや皮めくれを緩和します。
・ビタミンエースとも呼ばれる「ビタミンA,C,E」が唇を紫外線から守り、血色を整えます。
・通常のリップクリームとしてのご使用はもちろん、口紅やグロスの下地としても使用できます。
(無香料・無色)

 

主要配合成分

≪ 8種類の天然植物オイル ≫

・バオバブオイル
強い日差しと極度の乾燥に耐え、アフリカ女性の肌を過酷な環境から守ってきた生命の木、バオバブ。現地では伝統医療や、マラリヤの解熱薬としても使われています。 生活に密着したバオバブは、古来より現地住民に食材、薬、飲料、美容、日用品など色々な形で利用されてきました。 各種ビタミン、オレイン酸、リノレン酸、パルミチン酸を主に含み、抜群の保湿効果とアンチエイジング効果が期待できます。化粧品業界では今、最も注目されている奇跡のオイルと言われています。

【バオバブオイルの効果効能】
通常、不飽和脂肪酸を多く含むオイルは酸化はしやすいが、美容効果(アンチエイジング・美白・アトピーや傷跡などの緩和)は高いのですが、バオバブオイルはビタミンEを多く含むため、酸化しにくい独特なオイルです。

美容オイルとしてポピュラーなホホバ油、椿油などはオレイン酸高含有が特徴ですが、バオバブは脂肪酸組成の高バランスが特徴で、オレイン酸・リノール酸・パルチミン酸などの不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

オレイン酸:保湿力が高く、お肌の乾燥を防ぎます
リノール酸:肌への親和性が高く、角質から水分が蒸発するのを防ぎ、肌を柔軟にします
パルチミン酸:エイジングケア効果を高めます
ステロール:エモリエント効果
ビタミンA:皮膚の修復・再生を促しハリのあるつややかな肌へと導きます
ビタミンE:抗酸化力が強く、紫外線やストレスが原因であらわれる肌のくすみ、たるみといったダメージに負けない明るい肌へと導きます

【バオバブの基礎知識】
・語源説
アラビア語で『bu hobabu』(ブー・フブーブ)種の沢山ある木の意で、16世紀に北アフリカを旅したイタリア人植物学者が『バ・オバブ』と著書に記したことが始まりと云われています。

・別名
モンキーブレッドツリー(サルが群がり、食料とする)、レモネードツリー(酸味がある味が特徴)

・分布している場所
アフリカを中心にオーストラリアなど亜熱帯から熱帯に分布している。
他の植物が生息することが困難な、暑く乾燥したサバンナに生息する。種類は数十種類といわれている。

・サイズ
キワタ科の高木で、最大で高さ75フィート(約22m)に達し、幹は直径60フィート(約18m)とも言われている。

・何年生きる
一説には5000年以上生きるとも言われている。ただし、正確にその樹齢を測ることは難しい。

・現地での使い方
食料、薬、織物、縄、布、壁材、貯蔵庫、住まいとして利用されている。
 

 

七種類の植物オイル

《 スクワラン 》
主として深海に住むサメ類の肝油から得られるスクワレンという不飽和炭化水素を、さらに安定化して飽和炭化水素とした動物油の一種です。スクワレンは、人間の皮脂成分の中にも10%前後含まれていることから、スクワランも皮膚と親和性のよいエモリエント成分として使われます。感触がよく皮膚に自然に広がり、皮膚(唇)を柔軟にします。

 
 

《 ホホバ種子油 》
ホホバの種子から抽出して得られる油で、皮膚に塗布したときに、のびがよくしなやかな感じを与えます。べたつかずさらりとした質感も特長です。

 

《 ミツロウ 》
ミツロウは、みつばちの巣に含まれる蝋(ロウ)を精製した天然成分です。 固形のエモリエント成分で、肌の潤いを逃がさない保湿効果を高める作用などが期待できます。

 

《 ヒマシ油 》
自然治癒力・免疫機能を高める方法として湿布として使われることが多かったヒマシ油です。代謝を高め、血行促進作用があり、美肌効果が期待されています。

 

《 コーン油 》
とうもろこしの種子から分離した胚芽部分(コーンジャーム)から抽出される不飽和脂肪酸が多く含まれている油脂です。ビタミンB群、ビタミンE、糖分、各種ミネラルなどを含みます。 皮膚表面に保護膜を作り、乾燥を防ぎ、ツヤを与えます。

 

《 キャンデリラロウ 》
メキシコ北部及びアメリカ南部の砂漠地帯に生育するタカトウダイ草から採れる天然の植物ロウです。唇を柔らかくしツヤを出します。

 


《 カルナウバロウ 》
ブラジル産のカルナウバヤシの葉、および葉柄からからの分泌物から抽出した固形ワックスです。ツヤを与え唇を乾燥から守ります。


 
 

7種類の保湿成分

◆5種の植物性保湿成分◆

《 カンゾウ根エキス 》
カンゾウの根又は根茎から抽出して得られるエキスです。このエキスには多数のフラボノイドが含まれ、美白作用、紫外線吸収作用、活性酸素消去作用などが期待できます。また高い抗炎症作用をもち、外部からの様々な刺激から唇を守ります。

 

《 オウゴン根エキス 》
コガネヤナギの根(オウゴン)から抽出されるオウゴンエキスには、フラボノイド系物質であるバイカリン・バイカレンを含み、抗炎症・抗アレルギー作用、活性酵素除去作用、皮膚の老化防止作用、メラニン生成抑制作用など多様な作用が期待できます。

 

《 ムラサキ根エキス 》
紫根中の主成分であるシコニンは、その美しい色と共に抗菌作用、肉芽形成作用、止血作用を有し、湿疹、肌荒れの予防に有効です。外部からの様々な刺激から唇を保護し守ります。

 

《 カミツレ花エキス 》
カミツレの花より抽出したエキスで、消炎効果や色素沈着を抑える働きがあります。また、カミツレ中に含まれる精油成分アズレンは紫外線吸収作用があるとされており、唇を紫外線から保護する効果が期待できます。

 

《 マグワ根皮エキス 》
クワ(ソウハクヒ)又は、その他近縁植物の根皮から抽出して得られるエキスであり、美白、消炎作用などが期待できます。

 


■ その他保湿成分 ■

《 ヒアルロン酸 》
ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、水分を保水する能力(保水力)に優れた物質で、非常に沢山の水を蓄えると言われています。唇のぷるぷるとした弾力性やみずみずしさを保つ働きがあります。

 

《 加水分解コラーゲン 》
皮膚組織の水分以外の約70%がコラーゲンです。加齢や紫外線などの影響で肌の代謝が落ちると、乾燥やシワ、くすみなどの原因になります。コラーゲンは肌(唇)に弾力を与え、水分を抱え込んでみずみずしさを保ちます。

 

全ての配合成分
ヒマシ油 ミツロウ パルミチン酸磯プロピル オレイルアルコール キャンデリラロウ セレシン スクワラン カルナウバロウ グリチルレチン酸ステアリル ホホバ種子油 バオバブ種子油 トコフェロール ミリスチン酸オクチルドデシル オリザノール ラウロイルグルタミン酸ジオクチルドデシル 水 イソステアリン酸 コーン油 BG カロチン ジパルミチン酸アスコルビル カンゾウ根エキス オウゴン根エキス ムラサキ根エキス イソステアロイル加水分解コラーゲン カミツレ花エキス マグワ根皮エキス ヒアルロン酸Na (+/-)酸化チタン 酸化鉄

ご使用方法

保湿効果が高いので、力を入れずに唇にうすく塗ってください。

 



 
高橋 みどり

WOMEN'S ITEM
高橋 みどり

PROFILE
日本進出時のバーニーズジャパン宣伝部ジェネラルマネージャー、ジョルジオ アルマーニ ジャパン広報室長就任。
2001年には「エストネーション」をオープンさせる。2005年6月にOens(オーエンス)を設立。
これまでの豊富な経験と知識を活かしメンズ、ウィメンズ共にクリエーション出来るイメージングディレクターとして
活躍の場を広げている。

■著書■
・デキる男のお洒落の極意
・大人おしゃれのルール FASHION RULE BOOK
・おしゃれの教科書 働く女性のワードローブ
COSME PROUD
ゴールド・プラチナ・琥珀のパワーを凝縮
美しく年齢を重ねたい女性に捧げる、最先端基礎化粧品
コスメプラウド
2006年に化粧品業界の中心と呼ばれるニューヨークで生まれ、2010年3月に日本上陸を果たしたコスメプラウド。日本での展開がスタートするや否や、瞬く間に多くの女性たちの注目を集め、人気コスメブランドの地位を確立した。 
コスメプラウドのアイテムが多くの女性たちを引きつける理由は、その圧倒的な「アンチエイジング力」にある。
コスメプラウドは「これからの高齢化に向け、どう若々しく、美しく生きられるか?」を徹底的に追求。惜しみなく配合した最高峰の有効成分を、独自の研究によって生み出したテクノロジーで肌に確実に浸透させる。その美肌効果の高さから、コスメプラウドのアイテムは“最先端基礎化粧品”とも呼ばれている。 
商品ラインナップは、ローション、メイクアップリムーバー、ファンデーション、リバイタライザーなど、デイリーで使用できる基礎化粧品が中心。
純金による自然なイオン効果で古くなった角質をオフする「ゴールドリバイタライザー」、琥珀&ナノ化ゴールドという驚異的な成分を肌の奥深くへ届ける「ゴールドアンバーリッチローション」など、すべてのアイテムが個性に富んでいる。
コスメプラウドを初めて使われる方に、「まずはこの2アイテム」ということで特に「ゴールド レジリエンス アイセラムEX」と「ゴールドリバイタライザー」を高橋みどりさんはおすすめしてくれた。 

「化粧品をあらたに一式揃えるのはハードルが高くなってしまうので、今回は紹介アイテムの中でも特に良さを実感した2品をおすすめしたいと思います。コスメプラウドを使い始めるきっかけとなってもらえたら嬉しいですね」。 

そして「化粧品は新しい自分に出会うプロローグのようなもの」と語る高橋みどりさん。常に納得のいく肌コンディションをキープするために、コスメプラウドのアイテムは頼もしいパートナーだという。 
これからの女性たちには、中年期をいかに美しく生き抜くか、いかに若年期の美しさを維持するかが重要。心身ともに美しく年齢を重ねたいという女性は、ぜひコスメプラウドのアイテムを手に取ってみて。