HOME > >

自分の可能性に挑み続ける、チャレンジャーのラッキーチャーム
中田英寿やレニークラヴィッツも愛用する『JAY TSUJIMURA』のジュエリー

子どものような遊び心と、スタイリッシュな大人に相応しい品格。
その二つを兼ね備えているのが、『JAY TSUJIMURA』のジュエリーだ。2007年東京に工房兼ショップをオープンして以来、中田英寿、HIRO(EXILE)、長渕剛、藤井フミヤ、西城秀樹などのセレブに愛用され、人気雑誌への掲載も数多い実力派ブランドだ。

そんな魅力的なアイテムを発信し続けるのは、23年間ジュエリーに対して真摯に向き合い、常にクオリティを追い求めてきたJAY TSUJIMURA氏。
1988年にバックパッカーとして訪れたロンドンに定住し、80年代後期のロンドンを沸かせたアバンギャルドなアーティストに衝撃を受け、独学でジュエリーの創作を始める。この前衛的スタイルと、ロンドン特有の歴史的スタイルや伝統技術をクロスオーバーさせることで、これまでにはない独自のジュエリーを完成させた。

1991年には再びバックパッカーとして渡米。NYのモダンアートと音楽から影響を受けながら、さらに作品のクオリティをブラッシュアップ。その独創的なスタイルが認められ、レニー・クラヴィッツやダスティン・ホフマンなど数多くのセレブから支持を獲得。人気アーティストとのコラボレーションや展覧会も精力的に行い、イタリアン・ヴォーグやニューヨーカー等、メディアからも注目を集めた。

「自分が創っている物に対して、誇りと責任を持つという意味で、ブランドに自身の名を冠している。」と語るJAY TSUJIMURA氏。
『JAY TSUJIMURA』の作品はデザインから仕上げまで、すべての工程にJAY TSUJIMURA氏本人が手を入れ完成させる。すべての素材に触れ、自分の肌でフォルムを感じならが仕上げるという彼の徹底したこだわりは、紛れもなくそのジュエリーの完成度に反映されている。

丁寧な手作業で仕上げられた精巧なジュエリーの魅力を、ぜひ手にとって味わってみてはいかがだろう。

アイテム一覧