驚きの耐衝撃性能と粋なイタリアンデザインの共存
世界最高水準の技術が結集したTeckno Monster

既存のイメージを払拭
ジャコモ氏の新たな挑戦とは

ブランド設立の1996年以来いまや世界中で展開されている「オロビアンコ」は、厳選された素材と確かな技術、そしてMade in Italyのこだわりを持つブランド。様々なオケージョンに対応可能なあらゆるデザインを展開し、別注デザインも豊富だ。素材やパーツもオリジナルで制作。そんなイタリアンメイドの神髄が込められたブランドから、新ライン「Teckno Monster(テクノモンスター)」が誕生した。これまでのイメージを払拭するようなハードラゲージには、ジャコモ・ヴァレンティーニ氏の思いが込められた世界観が広がっていた。

ラゲージレーベルにとどめず
新たな会社として育てたい

2007年からスタートした「Teckno Monster」、そのアイデアはオロビアンコ設立時には既にジャコモ氏の頭の中にあったという。
「私のファミリーはもともとエンジニアとして仕事をしてきた者ばかりなので、Teckno Monsterはこれまでの知識をつぎ込んだコレクションと言えますね」。
今回紹介するのは、人が乗っても重さに十分耐えうるほどの強度が魅力な削り出しのホイール、防弾チョッキにも使用されているケプラー繊維を使用した強固なカーボンファイバーのボディ、イタリアで開発を行ったジッパーなど、世界最高水準の技を集結させた高スペックのトローリー。
「これは単なるラゲージレーベルではなく、将来的にTeckno Monsterという新たな会社として成長させたいと思っています。日本の建築家やエンジニアともコラボレーションのプロジェクトを考えていて、イタリアと日本の技術を全世界に向けて発表していきたいですね」。
*イタリアのオートバイメーカーMV Agustaとコラボレーションした「MAGNI STORIA PER OROBIANCO」(写真上)


Orobianco presents Teckno Monster


http://www.tecknomonster.com/15/

アイテム一覧

PROFILE

Orobianco srl CEO/デザイナー 
1955年イタリア・ガララーテ生まれ。
1996年にバッグブランド「Orobianco」社設立、同社CEO兼デザイナー。

日本企業とのコラボレーションも多く、バッグから小物、食品と多分野に渡って新時代のライフスタイルを提案している。