高野 育郎

ART

高野 育郎

(1items)

PROFILE

グループ アム代表。1951年生まれ。雑誌『バケーション』『セブンシーズ』『アディクタム』『ロフィシャルジャポン』などの編集長、第47回全国植樹祭式典専門委員会委員長(1996年)などを歴任。2000年には、エグゼクティブ・プロデューサーとして日本アカデミー賞9部門を受賞した映画『バトル・ロワイヤル』の製作を手がけた。編集とアートの世界をベースに、商品開発・事業開発・環境開発から、広報戦略・経営戦略コンサルティングまでのデザインおよびコンセプト・ワークを手がける。現在は、“ 映画 ”の新たなメディア・システムを提唱、プロデュースを進める。

スクリーンショット 2015-10-20. 18.46.03.png

高野育郎のアート・ブック・ミュージアム ART BOOK MUSEUM

乗っている車や腕で主張する時計がセンスや知性を感じさせてしまう。 壁に飾られている絵画やリビングのテーブル・ブックも同じこと。 豊かな時間のために素晴らしい本の数々を紹介しましょう。


『ブラインズ・アンド・シャッターズ』は、おもに60年代のポップ・カルチャー・シーンをマイケル・クーパーが、日常的に記録したもので構成されている。 この超豪華本には、特別な思い入れがある。というのも、この本の制作に。いつのまにか拘わらざるをえなくなったからだ。

高野 育郎2015.10.29 UP